蜻蛉日記拾遺 卷末和歌集


 佛名の明日に、雪の振りければ。
  年の内に罪消つ庭に降る雪はつのめて後は積もらざらなむ

道綱母

◎佛名者,佛名會也。◎つのめて,並為「勤めて」、「翌朝」之音。



 殿、離れ給ひて後、久しうありて、七月十五日、盆の事等、聞こえの給へる御返り事に。
  かかりける此の世も知らず今とてや哀れ蓮の露を待つらむ

道綱母

◎かかり者,「懸かり」也,用以飾露。亦喻「斯かり」。◎蓮,本意之外,再喻佛惠。



 四の宮の御子の日に、殿に代はり奉りて。
  峰の松己が齡の數よりもいま幾千代ぞ君に引かれて

道綱母

◎日本紀略康保元年二月五日壬子條:今日,第四為平親王,自禁中出北野。有子(ね)日之興,中納言師氏以下多以陪從。供鷹犬等。



 その子の日の日記を、宮に侍ふ人に借り給へりけるを、其の年は、后の宮うせさせ給へりける程に、暮れはてぬれば、次の年、春、返し給ふとて、端に。
  袖の色變われる春を知らずして去年に並へるのべの松かも

道綱母

◎日本紀略、榮花物語、大鏡裏書:村上天皇皇后安子,為平親王母。康保元年四月廿九日崩御。◎のべ,以野邊之松諭延長之待。



 尚侍の御殿:「天の羽衣と言ふ題を読みて。」と聞こえさせ給へりければ。
  ねれ衣にあまの雨衣むすびけりかつは藻鹽の火をし消たねば

道綱母

◎ねれ,「濡れ」諭「有らぬ(不存在)」。◎あま,以「天」諭「海人」。



 陸奧國にをかしかりける所所を、繪に描きて、持て昇りて見せ給ひければ。
  陸奧のちかの島にて見ましかばいかに躑躅のをかしからまし

道綱母

◎をかし,有趣。相關用例可見枕草子。◎ちか,地名。又諭「近」。◎躑躅のをかし,以「躑躅岡し」諭「躑躅可笑しい」。



 或る人、賀茂の祭の日、むごとりせむとするに、男の元より、あふひ嬉しきよし、言ひ起こせたりける返り言に、人に換はり。
  頼まずよ御垣をせばみあふひばは標の他にも有りと言ふ也

道綱母

◎むごとりせむ,娶婿。◎あふひ,以「葵」諭「逢ふ日」。



 親の御忌にて、一つ所に、はらから達集まりておはするを、異人人は、忌果てて、家に歸りぬに、一人泊まりて。
  深草の宿になりぬる宿守る止まれる露の頼もしげなさ

道綱母

◎はらから,兄弟姊妹。◎深草:以「草深」諭地名之「深草」。◎露:以露之稍刻即逝諭己身之儚。



 返し、為雅の朝臣。
  深草は誰も心に茂りつつ淺茅ヶ原の露と消ぬべし

為雅

◎為雅,道綱母之姊婿,藤原為雅。



 當帝の御十五日に、亥の子の形を作りたりけるに。
  萬代を呼ばふ山邊の亥の子こそ君が仕ふる齢なるべし

道綱母

◎當帝,一條天皇。◎亥の子:此云ゐのこ,亥者,豬也。以豬多產,作賀物用。



 殿より八重山吹を奉らせ給へりけるを。
  誰が此の數は定めし吾は唯十重とぞ思ふ山吹の花

道綱母

◎殿,藤原兼家。◎十重:以「十重(とへ)」諭「訪え(とへ)」字。◎本歌亦入『詞花集』、『玄玄集』。



 はらからの、陸奧國の守にて降るを、長雨しける頃、其の降る日、晴れたりければ、斯の國に河伯とと言ふ神有り。
  我が國の神の守りや添へりけむかわく気ありし天つ空かな

兄弟

◎はらから,理能、長能兄弟實未任陸奧守,遂不詳。◎かわく:以「乾く(かわく)」諭「河伯(かはく)」。



 返し。
  今ぞ知るかわくと聞けば君がため天照る神の名にこそありけれ

道綱母

◎かわく:乾く(かわく)與河伯(かはく)雖在古音中有差,然此時已漸混淆而得通容。



 鶯、柳の枝に在りと言ふ題を。
  我が宿の柳の絲は細くともくる鶯は絶えずもあらなむ

道綱母

◎かわく:くる。以絲之「繰る(くる)」諭鶯之「來る(くる)」。◎本詩亦入『玄玄集』、『玉葉集』。



 傅の殿、初めて女のがり、遣り給ふに、代はりて。
  今日ぞとや辛く待ち見む我が戀は無始以來なるべし

道綱母

◎傅の殿:藤原道綱。◎本詩,道綱初通文與女,其母代作。◎無始以來:此云はじめもなきがこなた。



 度度の返り事無かりければ、杜鵑の形を作りて。
  飛び違ふ鳥の翼を如何なれば巢立つ嘆きにかへさざるなむ

道綱

◎嘆き:以嘆息「嘆き」諭「嘆木」。◎かへさ,以「返さ」諭「孵さ」。



 尚、返り事せざりければ。
  細蟹のいかになるらむ今日だにも知らばや風のみだるけしきを

道綱

◎細蟹:ささがに、蜘蛛也。◎いかに、以蜘蛛「絲(い)」諭「如何(いか)」。◎みだる:以蜘蛛絲為風吹「亂(みだれ)」諭書信「見(み)」否。



 また。
  絶えて尚すみのえになきなかならば岸に生ふなる草もがな君

道綱

◎すみのえに:以「住の江に(すみのえに)」、諭共結連理之緣「棲みの縁(すみのえに)」。◎本詩用典紀貫之墨滅歌(古今集)。



 返し。
  住吉の岸に生ふとは知りにけり摘まむ摘まじは君がまにまに



◎墨滅歌:道知らば、摘みにもゆかむ、住吉の江の、岸に生ふてふ、戀忘れ草。(古今集・戀二)。



 實方の兵衛佐に會はすべしと聞き給ひて、少將にて御坐しける程の事なるべし。
  柏木の森だにしけく聞く物をなどか三笠の山のかひなき

道綱

◎會はすべし:其親欲令婚嫁。◎柏木:亦為兵衛之別名。◎三笠:亦為近衛之別名。◎かひなき:以「峽(かひ)」諭「效(かひ=甲斐)」。



 返し。
  柏木も三笠山も夏なればしげれど文な人の知らなく

源滿仲女

◎しげれど:森之「茂れど」、諭信之「繁れど」。◎本詩用典小野美材之曲(古今集・戀二)。



 返す事するを、親はらから制すと聞きて、まろこ菅にさして。
  うち傍見君一人見よまろこすげまろは人すげなしと言ふ也

道綱

◎まろこすげ:まろこ菅、菅(すげ)之一種,一以諭まろ,一以諭「素氣無(すげな)し」。



 患ひ給ひて。
  三途川浅さの程も知れじと思ひしわれ病まづ渡りなむ

道綱

◎患ひ:或為道綱患疱瘡大病之時。若為此時,則下文之女非為源滿仲女。◎三途川:此云みつせかは。



 返し。
  三途川吾より先に渡りなば水際にわぶる身とやなりなむ



◎三途川:俗云さんずかは,於此同上讀作みつせかは。



 返り事する折、せぬ折の有りければ。
  かくめりと見れば絶えぬる細蟹の絲故風の辛くもあるかな

道綱

◎かく:以蜘蛛絲之「搔く」諭回信之「書く」。◎風の辛く:依蜘蛛絲之因風而「斷」諭女回信之因週遭而「絕」。



 七月七日。
  七夕に今朝引く絲の露を重み撓む景色も見でややみなむ

道綱

◎絲の露:七夕前夜或時節,有將五色絲掛於竿上供奉再拔除之習俗。◎撓む:以五色絲含露纏繞之狀,諭女心之多折。



 これは、後朝の。
  別つより翌晨の袖ぞ濡れにける何をひるまの慰めにせむ

道綱

◎袖ぞ:俗語「袖を分つ」是即「別つ(わかつ=別離)」之意。◎ひるま:以「干る間」諭「晝間」。



 入道殿、為雅朝臣の女を忘れ給ひにける後、日蔭の絲結びてとて、給へりければ、それに代はりて。
  掛けて見し末も絶えにし日蔭草何に余所へて今日結ぶらむ

道綱母

◎入道殿:藤原義懷。因花山天皇出家,一併入道相伴。◎日蔭の絲:日蔭蔓,用於神事。



 女院、今だ位に坐しまししをり、八講行はせ給ひける捧げ物に、蓮の數珠参らせ給ふとて。
  となふなる波の數にあらべども連の上の露にかからむ

道綱母

◎女院:東三條院,詮子。◎波:轉發極樂微妙之聲而流傳之摩尼法水之波。



 同じ頃、傅の殿、橘を参させ給へりければ。
  かばかりもとひやはしつる杜鵑花橘のえにこそありけり

詮子

◎かばかり:以「香ばかり」諭「斯ばかり」。◎とひ:以「飛ひ」諭「訪ひ」。◎えに:以「枝に」諭「緣」。



 返し。
  橘の成りももぼらぬみを知れば下枝ならではとはぬとぞ聞く

道綱

◎みを知れば:以「實を知れば」諭「身を知れば」。◎とは:「飛ばぬ」諭「訪はぬ」。



 小一條の大將、白川に坐しけるに、傅の殿を「必ず坐せ」とて、待ち聞え給ひけるに、雨いたう降りければ、えおはせぬ程に、隨身して、「雫をおほみ」と聞え給へりける返り事に。
  濡れつつも戀しき道は避かなくに未だ聞えずと思はさらなむ

道綱

◎濡れつつ:以「濡れつつ」對「雫をおほみ」。



 中將の尼に、家を借りた給ふに、貸し奉らざりければ。
  蓮葉の浮葉をせばみ此の世にも宿らぬ露と身をぞ知りぬる

道綱母

◎中將の尼:源清時之女。◎宿らぬ:在『道綱母集』有「宿さぬ」。



 返し。
  蓮にもたまゐよとこそ結びしか露は心をおきたがへけり

中將の尼

◎たま:以露之「玉」諭人之「魂」。◎結び:佛立濟度眾生之誓。◎露:諭道綱母。



 粟田野見て、歸り給ふとて。
  花薄招きも止まぬ山里に心の限り留めつる哉

道綱母

◎粟田野:粟田一代之平原。



 故為雅朝臣、普門寺に、千部の經供養するに坐して、歸り給ふに、小野殿の花、愛おもしろかりければ、車引き入れて、歸り給ふに。
  薪こる事は昨日に盡きにしをいざをのの柄は此處に朽たさむ

道綱母

◎薪こる:『法華經』有「拾薪設食」之語。◎をの:以「斧」諭「小野」。亦引爛柯山之典。



 駒競べの負け態とおぼしくて、銀の瓜破子をして、院に奉らむとし給ふに、「この笥にうたむ」とて、攝政院より、歌聞えさせ給へりければ。
  千代も經よ立ち返りつつ山城のこまにくらべし瓜の末なり

道綱母

◎こま:以「狛」諭「駒」。◎くらべ:以「並べ」諭「競べ」。



 繪のところに、山里に眺めたる女有り、杜鵑鳴くに。
  都人寢で待つらむや杜鵑今ぞ山邊を鳴きて過ぐなる
   此の歌は、寬和二年歌合にあり。

道綱母

◎ところ:此指構圖。◎本歌亦入『拾遺集』『玄玄集』『袋草紙』等,為道綱母之代表詩歌。



 法師の、舟に乘りたる處。
  綿津海はあまの舟こそありと聞けのりたがへても漕ぎ出けるかな

道綱母

◎綿津:海神作わたつみ,此作枕詞。◎あま:以「海人」諭「尼」。◎のり:以「乘」諭「法」。



 殿、離れ給ひて後、「通ふ人あべし」等聞え給ひければ。
  今更に如何なる駒が懐くべき荒めぬ草と遁れにし身を

道綱母

◎本詩亦見於蜻蛉和歌集本文。誤採入拾遺集乎。



 歌合に、卯の花。
  卯の花の盛りなるべし山里の衣さほせるをりと見ゆるは

道綱母

◎衣さほせるをり:干衣。更衣(ころもがえ)之準備。



 杜鵑。
  杜鵑今ぞさ渡る聲すなる我が告げ無くに人や聞きけむ

道綱母

◎杜鵑:ほととぎす、時鳥、不如歸。◎人:戀人。



 菖蒲草。
  菖蒲草今日の水際を訪ぬればねを知りてこそ片寄りにけれ

道綱母

◎ね:以尋訪菖蒲之「聲」諭其「根」,尚有「根合せ」、「寝合せ」之意。◎人:戀人。



 螢。
  五月雨や木暗き宿の夕されは面照るまでも照らす螢か

道綱母

◎面照る:照面,露臉而害燥之意。



 常夏。
  咲きにける枝なかりせば常夏ものどけき名をや殘さざらまし

道綱母

◎常夏:此云ことなつ,是為撫子(なでしこ)之別名。



 蚊遣火。
  文なしや宿の蚊遣火付けそめて語らふ蟲の聲をさけつる

道綱母

◎文なしや:諸本,「あやなくにことの」、「あやなくやことの」、「あやなくややとの」、「あやなしややとの」並有。



 蟬。
  送ると言ふ蟬の初聲聞くよりぞ今かと麥の秋を知りぬる

道綱母

◎蟬の初聲、麥の秋を:引李嘉祐「五月 蟬聲送麥秋」(千載佳句)之典。



 夏草。
  駒や來る人や分くると待つ程に茂りのみます宿の夏草

道綱母

◎茂り:以草之「茂り」反諷人來之不「繁り」。



 戀。
  思ひつつ戀ひつつは寢じ逢ふと見る夢をさめては悔しかりけり

道綱母

◎引小野小町「思ひつつ寢ればや人の見えつらむ夢と知りせば覺めざらましを」(古今集戀二)之典。



 祝ひ。
  數知らぬ真砂にたづの程よりはそめけむ千代ぞすくなき

道綱母

◎たづ:以「立つ(たつ)」諭「鶴(たづ)」。



心得ぬ所所は、本のままに書けり。賀の歌は日記に有れば書かず。



[久遠の絆] [再臨ノ詔]